ふくしま百年基金

ふくしま百年基金
つながる想い、つなぐ未来

最新情報 NEWS

設立の想いMESSAGE

2011年に発生した東日本大震災・福島第一原子力発電所事故は、私たちに多くの教訓を投げかけました。
近視眼的にならず長期的視点で地域を創り上げていこう、
ふくしまに関わる一人ひとりが“ジブンゴト”として地域の未来を考え、担っていこう。
震災・事故を経験したからこそ生まれた強い想い。
そんな沢山の方の想いが集まり『ふくしま百年基金』が生まれました。

『ふくしま百年基金』は180名(ネット募金を通じた寄付者はのべ1,763名)の
地域住民や団体が寄付を持ち寄り設立した、福島県初のコミュニティ財団です。
ふくしまをより良くしていきたい、という“志”に基づく資金をお預かりし、
地域の困りごとを解決して魅力あふれる未来を作っていくための活動に資金助成や融資などを行ないます。

百年後も豊かな、ふるさと・ふくしまを―。
皆さんと共に、創り上げていきます。

一般財団法人ふくしま百年基金
代表理事 山﨑 庸貴

ふくしま百年基金とはABOUT

市民や企業などの皆さまからご寄付をお預かりし、
市民活動団体やNPOなどに助成することで、
地域や社会の課題解決や活性化に取組む
“市民立”の財団です。

基金が提供できることACTIVITY CONTENTS

地域の活動を寄付などで
応援したい方へ
関心あるテーマや地域に応じた寄付先のご紹介、
遺贈寄付のご相談などを承ります。
オリジナル助成プログラム(冠基金)などを一緒に作成します。
企業の地域貢献(CSR・CSV)プログラムを一緒に作成します。
地域のために
活動したい方へ
各種助成事業や寄付プログラムなどをご提供します。
活動資金調達(ファンドレイジング)に関する研修などを開催します。
地域を知り
自分にできることを
考えたい方へ
企業、行政、NPO、住民等が一緒に地域課題を深堀し
解決策を考えるための機会を作っていきます。

組織概要OVERVIEW

名称 一般財団法人 ふくしま百年基金
英語名 The Community Foundation of Fukushima
設立年月日 2018年4月11日
事業年度 毎年7月1日~翌年6月30日
代表者 山﨑 庸貴(代表理事)
運営体制 役員名簿(PDF)
設立発起人 設立発起人名簿(PDF)
定款 一般財団法人ふくしま百年基金定款(PDF)
所在地 〒960-8062 福島県福島市清明町1-7 大河原ビル2階

お問い合わせCONTACT

以下のフォームに必要事項をご入力の上、送信してください。

お名前
ふりがな
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容